呉下の阿蒙です






呉下の阿蒙
です。
(ゴカノアモウ)       

以前は、普通のサラリーマンで、洋物好きが
高じて、外資系の会社を渡り歩いていましたが、

両親の介護と子供の頃に障害をもってしまった
兄弟の看病が重なり、サラリーマンを続ける事が、
不可能となり、この道に入りました。

最終的な職場は、米国ナスダック上場のハイテク
企業の日本法人で、部長兼関連会社役員でした。

本当にいい経験をさせてもらいました。

ハンドルネームの「呉下の阿蒙」とは、
三国志からの借用で、
いつまでたっても学問が、身に付かない
者という意味です。

最近は、介護を全うし終え、
両親との末期のお別れ以来、自分の人生観が
かなり変化してしまったようです。

巷間での出来事が、まるで違って、
感じられるようになり、
人間が本来持ち合わせている内なる声が、
喘いでいました。

蔓延る虚飾と欺瞞に満ちた、世俗の人生観から
の開放が必要だと感じ、
毎日、読経と祈りが、日々の日課となり、
功徳を積み重ねようとしています。




Copyright (C)不安と混迷の時代を生き抜く知恵 All Rights Reserved.